ADA

ADA Review 「さまざまな形で楽しむパルダリウム」

aquajournaljpアクア・ジャーナル編集部
数多くの生物が生息する熱帯雨林や雲霧林をガラスの中で再現してみましょう。
育てる植物の大きさや特性に合わせて育成方法も変わります。
手軽なものから本格的なものまで、多様なスタイルで植物育成を楽しめます。

 

多様なスタイルで植物育成を楽しむ


熱帯のジャングルや湿地、渓流などでは色鮮やかで独特な葉姿や模様の植物が生息しています。ドゥーアでは、それらを生命力あふれる姿で育成・観賞する方法として、ガラス容器の中に簡単に設置できるテラプレートから、水槽内の光・湿度・風をコントロールして環境を整えるシステムパルダまで、さまざまな形のパルダリウムを提案しています。また、ジャングルプランツ・シリーズは今後ラインナップが増えていき、植物の多様性あふれる景観を表現できるようになります。幅広い育成方法で、魅力的な植物を育成してください。
システムパルダ 30
幅が30cmしかない小型のガラス水槽の中でも、十分に整った環境の下で、ジャングルを切り取ったような景色を再現することができます。照明はパルダライト60(別売)、底材には、ジャングルソイル、ジャングルベース(別売)を使用。今春発売予定。

 
ネオグラス パルダ 60
保水性の高い水苔などを敷くことで、熱帯性植物や鉢植え植物の育成にも対応します。照明はパルダライト60(別売)、底材には、バイオリオG(別売)を使用。今春発売予定。

 
ネオグラス エア
水槽内にジャングルソイル、ジャングルベースを敷き、流木や各種の植物を使って小さな景観をつくります。専用ガラスフタをずらすことで湿度を調節し、手軽にパルダリウムを楽しむことができます。
水槽はネオグラス エア W20×D20×H20(cm)を使用。

 
テラベース
熱帯雨林の樹幹に近い環境で植物を育てるテラベース。素焼きの陶製なので、内部に張った水が浸透し、その気化熱によって表面温度が下がります。冷涼な環境を好む着生植物を健康的に育てることができます。 テラベース M、水槽はネオグラス エアW20×D20×H35(cm)を使用。

 
テラプレート
テラベースと同じ素材を使用した陶製プレートで調湿機能に優れています。専用のフックでネオグラス エアにかければ、気軽に着生植物が楽しめます。 テラプレート、テラプレートフック、水槽はネオグラス エアW20×D20×H30(cm)を使用。

 
着生ラン付きホーンウッド
ホーンウッドSに水苔と着生ランを付けています。健康な根張りでランの状態もよく、そのままパルダリウムにも使用できます。

RELATED POSTS関連投稿

POPULAR POSTS注目の投稿